CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
占い等
MOBILE
qrcode
ドラマCD「胸さわぎのハーフムーン」視聴感想
先週届いた胸さわぎシリーズの最新のドラマCD「胸さわぎのハーフムーン」を本日聞きました。

メインの話は一秀と冬貴が中心で、おまけの話は由也と鷹野が中心だったので葉月の出番はハーフムーンで一秀と冬貴の同居祝いにやってきたところしかなかった訳なんだけど、葉月と一秀の会話が高校時代と変わらない感じなのが面白かった。




胸さわぎのハーフムーン


ブログランキングranQ
| 作家別(水島忍作品) | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「胸さわぎのプロムナード」視聴感想
先週オークションで落札したドラマCD「胸さわぎのプロムナード」を聞きました。

胸さわぎシリーズの中でも、この話は葉月と慎平がメインの話なので一番好きな話だったりします。
(ついでに言うと、2作目からはドラマCDを聞く前に原作を読んでいることもあって、どうしても由也のイメージが私の思っているのと全然違うので、櫻井さんの由也がどうしても受け付けないこともあったりして、今回は安心して聞けたってのもあったり)
で、葉月じゃないけど、慎平ってかわいいんだよ。
そんでもって、今まで他人の恋愛の揉め事に巻き込まれてきた葉月は、慎平とのことに関しては気を使ったりして結構慎重しすぎて、逆に慎平を不安にさせてしまっていたという、ちょっとしたすれ違いもあったり。
何か、プロムナードを聞いたら久しぶりに原作を読みたくなってきた。




胸さわぎのプロムナード


ブログランキングranQ
↑ランキング参加中です
| 作家別(水島忍作品) | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「胸さわぎのアイドル」視聴感想
今回は胸さわぎシリーズの「胸さわぎのラビリンス」のサイドストーリーのような話で、メインキャラは全く出てこない、珍しい話(鷹野と由也が名前だけ出てきたくらい)

今回のメインはてっちゃんこと楢崎哲治とその幼馴染みの立花朋巳。
檜山さんと岸尾さんです。

ちなみにメインキャラは鷹野と由也が8cmCDの方の話で出てくるだけ。
今回、葉月名前も影もないよぉ〜しくしく、な気分。

さてと、ルーレットで出てきた時のてっちゃんは、それはもう、しつこい先輩だったんですが、今回はめちゃくちゃかっこよかったですね。
でも、てっちゃん……鷹野とためをはれるくらいの鈍感っぷりと独占欲の強さまで披露してくれちゃいました。
(いや、鷹野の方が上手かな……)
案外、将来はてっちゃんが朋巳の尻に敷かれるのではないだろうか、などと思ってしまった。




胸さわぎのアイドル
| 作家別(水島忍作品) | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「胸さわぎのラビリンス」視聴感想
3ヶ月くらい前に購入したCDをようやく聞きました。
(危なく、2枚目のCDを聞き忘れるとこだったけど)

で、今回の話は由也と明良が高校2年生になったばかりの時の話。
鷹野と由也、藤島と明良の関係がこんがらがる原因のトラブルメーカー野瀬の登場です。
原作だと、ちょこっと楢崎も出てくるんだけど、ドラマCDでは省略されたみたい。
そして、野瀬がいじめられているってのが嘘だという証拠をつかむために葉月が野瀬のクラスに行くんだけど、その時に実は慎平も出てくるんだけど、そこもカット。

しかし、野瀬のやっていることを聞いていて、まるで男版さえ(ネーミング:岡安カイリ)だと思ったのは私だけか?
鈴がいるし、一瞬世界がピーチガールに迷い込んだかもって気がしてしまった。
さしずめ、葉月の役どころはカイリですか?(って、両方声同じだよ)

考えてみたら、元々好みだった葉月の株が上がったのも、この「胸さわぎのラビリンス」でなんだよな。
強引でちょっと変態入っているところもあるけど、この胸さわぎシリーズの攻めキャラの中では葉月が一番恋人にしたいタイプかも。
何たって、葉月が一番恋人を大事にするタイプだし。




胸さわぎのラビリンス
| 作家別(水島忍作品) | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「胸さわぎのフォトグラフ」視聴感想
昨日に引き続き胸さわぎシリーズです。
今回は、葉月と慎平の話「胸さわぎの8月」も収録された2枚組み。
ようやく葉月メインの話が来ました。
(もっとも、CDは一秀と冬貴がメインのフォトグラフだけど)

で……勝平ちゃんの「鈴ちゃん」の呼び方がかわいぃと思ってしまったり。
(ちょうど今、フリートークを聞いている)
と、言うか葉月の誕生日って8月8日。私と5日しか違わないじゃん。
(ちなみに、鈴とは1ヶ月違いだけど)

で、面白かったのは「胸さわぎの8月」の後のおまけドラマ「胸さわぎの卒業パーティー」
何と、葉月がいたずらでジュースに焼酎を入れて、それを飲んだ由也以外のみんなが酔っ払ってしまうという訳です。
で……藤島は説教、明良は笑い上戸、鷹野はエロ親父と化し、一秀は眠ってしまい、慎平は泣き上戸に。葉月はわずかに強かったのか、酔っ払ったところはなかったんだけど、最後には眠くなってしまった訳です。

そして、ちょうどフリートークでBL食物連鎖の話に。
一番底辺にいるのは勝平ちゃんらしい。
おそらく、その上が宮田さんで、その上に鈴なのかな(ちなみに、胸さわぎシリーズ出演者限定で考えてみた)

とにかく、今回は胸さわぎシリーズで一番面白いかもしれません。




胸さわぎのフォトグラフ
| 作家別(水島忍作品) | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「胸さわぎのマリオネット」視聴感想
CDの発売順に聞いている関係で、手に入れてから聞くまでの期間が一番短い今回の「胸さわぎシリーズ」第4弾。
原作だと確か6冊目の話だったはずだけど。

で、やっぱり一秀は葉月が相手だといつもの一秀じゃなくなってしまいますね。葉月も葉月で、一秀をからかって楽しんでいる節もあるし。
そして、今回は葉月の出番は……記憶喪失になって由也に鷹野が屋上でみんなに合わせるところしかなかったり。

そして、鷹野……
やっぱり、鈍さにかけてはアスラン・ザラとひけをとらない男だった。
普通、生徒会長の任期が終わっているのに、ずるずると後輩の相談にのるか?
(もっとも、裏で生徒会を操っている手塚忍なら分かるが)
そんで、由也……
あんたは、もっと自分の思ったことを口にしたっていいよ。
少しばかり、シン・アスカを見習って、自分の気持ちを鷹野に思い切りぶっつけてやりなさい、と思った。




胸さわぎのマリオネット
| 作家別(水島忍作品) | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「胸さわぎのナビシート」視聴感想
ふと、今日になって気がついた。
今週は、鈴村健一祭りだということに。

そして、「胸さわぎのナビシート」で気づいたこと。
井上さんと鈴村さん、また兄弟役だよ、ってこと。

そして、今回は兄・冬貴登場ということで、葉月の出番も前2作に比べると多くなってます。
それにしても、CDは「ラビリンス」「アイドル」を飛ばして「ナビシート」という順番に。
どうりで明良と由也がいきなり仲良くなってしまっている訳ですよ。
もしかすると……これは改めて聞く時には原作どおりの順番で聞いた方が話はつながりやすいのではないかと思った。

そして、葉月と一秀の会話は、まるで掛け合い漫才のようだと思ったり。
「判った。そんなに恋人が欲しいんなら、僕がなってあげるよ」
「おまえだけは死んでも嫌だ」
「どうして?僕はこんなに可愛いのに」
「自分で言うな!」

普段は真面目な一秀が、ここまで崩れるのは葉月が相手だからなのかも。
要するに、一秀にとって、葉月は気をつかわなくていい相手なんだろうな。

で、何よりも葉月らしい言動は……一秀が欲求不満だけなのかどうか実験するために、一秀を押し倒すってところかも。
別に、実験するのに押し倒す必要はないんじゃないかって思うんだけど……

そして、一番笑ったのは、鷹野の「もしかして……邪魔か?」だったり。




胸さわぎのナビシート
| 作家別(水島忍作品) | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「胸さわぎのルーレット」視聴感想
前作の「胸さわぎがとまらない」から何ヶ月たったんだろう、って感じでようやく聞きました「胸さわぎのルーレット」

で……
今回、葉月の出番がめっちゃ少ないよ!
(まぁ、分かっていたことだけど、原作読んだから。それに「胸さわぎのアイドル」では全く出番ないことを考えればましか)

で……やっぱり由也に櫻井さんは何かイメージが違うってのがぬぐい去れません。明神翼さんの描く由也がかわいいからなんだろうか?
どうも、櫻井さんの声と由也のかわいさがマッチしていない気がする。
森川さんの鷹野はマッチしているんだけどなぁ……

そして、今回登場の楢崎を檜山さんが演じているんだけど、それがまぁ……すごく楢崎のいやらしさが出てる。楢崎に関してはナイスキャスティングと言ってもいいかも。

で、しみじみ感じたのは……私は櫻井さんの低音が好きなんだなぁ、と。
(ユーリは例外として)
清麿、春華、和真……好きなキャラがほぼ低音キャラに集中してしまってるもんなぁ……




胸さわぎのルーレット
| 作家別(水島忍作品) | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「胸さわぎがとまらない」視聴感想
去年の夏に購入したCD(は、半年も前かよ)を本日ようやく聞きました。
ちなみに、今回は三木さんと宮田くんがメインのドラマCDです。
しかし……出演している声優さんが宮田さん、櫻井さん、森川さん、鈴、吉野さんとセイント・ビースト……思いっきり四聖獣&マヤなので、うっかりカテゴリを「セイント・ビースト」に入れてしまいかねませんです。

で、森川さん演じる鷹野はかっこいいのは言うまでもないんですが……
鈴演じる西尾葉月が……
攻めなのにめっちゃかわいいんですけど!
そんでもって、ちょっとSが入っているような感じです。
(外見は、めちゃかわいいんだよ、葉月って。でも、性格はSが入ってる。んで、ちょっと変人)
まぁ、宮田くん演じる明良もかわいいんだけど……
私は葉月の方が、もっとかわいいと思った




胸さわぎがとまらない
続きを読む >>
| 作家別(水島忍作品) | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |