CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
占い等
MOBILE
qrcode
スペシャル「選ばれた未来」感想
ぶっちゃけ、ラストの方は納得できません。

あんなにすぐにシンの感情が緩和されるとは思えない。
少なくとも2・3年の時間がたっているならば分かるけど、戦い終わってからどんくらい時間がたってる?
1年もたっていないのに、シンがすんなりキラの握手を受け入れられる訳?
そんなの絶対無理だ。

これが、スペシャル見終わってからの感想です。

デステニープランについて、シンが「そんなことは分かっている」と未来に自由はなくなるかもしれないという危惧については、シンも理解していたってところが追加されていた部分はよかった。
それでも、戦いのない世界が欲しいから、世界は変わらなきゃならない。
だから、オーブは撃たなきゃならないんだ。
って自分の思いを吐き出したこともよかった。

はっきり言って、アスランに撃墜されるまでの部分までしか救われなかった気がする。

そして、はっきりと分かった。
結局、ラクスはプラント征服をしたかったんだな。

本当に、ギルの言葉じゃないけど……
やっかいな存在だ。ラクス・クライン、そして、キラ・ヤマト。

今回ほど、ギルの思いに共感したことはない。

ネタバレ感想を見た直後の感想はこちら

ブログランキングranQ
↑ランキング参加中です
| アニメ感想(SEED DESTINY) | 09:47 | comments(2) | trackbacks(1) |
ようやく落ち着いたので、50話の感想等
ようやく気分も落ち着いてきたので、2週間遅れの種デス最終回感想。
(もっとも、記事は、メインサイトの日記で書いた分のコピーですがね)

結局「ガンダムSEED」にシン・アスカってキャラが1年間に渡ってサブキャラで出てました、って最終回にしか思えなかった。

結局、シンの望む平和な世界になるのか?
それさえも分からない。
せめて、最終回くらい5時からの1時間放送にしてくれればまだ救いはあったと思うんだけど……

いま、CMで「もう思い残すことはない」って言葉が流れたけど……
シンに限って言えば、思い残しがありすぎだぁ!
シンが最後までザフトの戦士として戦ってくれたこと。
シンが最後まで自分の意思を貫き通した上での負けだったこと。
シンのキャラが壊されなかったのが唯一の救いです。
結局、シンが過去の呪縛から解き放たれたきっかけは過去にしかなかった。
マユの「お兄ちゃん」、ステラの「シン」
そんな言葉が聞こえてきたのかのようだった。

で、ちょうど今後ろでキャプテン翼が流れているんですが……
シュナイダーが「強いものが勝つんじゃない、勝ったものが強いんだ」と言っています。
それで考えました。
シンは確かにアスランとの戦いには負けたかもしれない。
でも、勝負には勝ったと言ってもいい。
キラには主人公の座を奪われて負けたかもしれない。
でも、最後まで自分の意思を貫き通した面で考えると、誰よりもシンが一番主人公だった。
きっと、この先どんな辛いことがあってもシンならば乗り越えていけると思う。
いや、シンには乗り越えるだけの強さがある。

自分を信じるという点においては、誰もシンには勝てない。
いや、シン以上に自分を信じている人間はそういない。
たぶん、シンはこれからも弱い者、大事な者を守るために軍人として生きていくのかもしれない。
それとも、平和の伝道者となるか……
いずれにしろ、シンは自分で自分の道を選ぶことは間違いないはず。
自分の道は自分で選ぶ。このことを一番よく分かっているのがシンじゃないだろうか。
状況に流されるんではなく、シンは自分から困難に巻き込まれていくタイプなんじゃないかと。
私は、シンのことをそんな風に思う。
シンは、誰かの言葉に踊らされるほどバカでもないし、弱くもない。
そして、シンは……絶対、相手を疑うことだけはしなかった。
それは人間としてほめられる部分だと思う。
人間関係は苦手みたいだけど、シンだったら、人生はうまく生きていかれるんじゃないかな。
と、言うか……
どんな世界になったとしても、自分が納得できなければ、一番騒ぐのはシンだと思う。
続きを読む >>
| アニメ感想(SEED DESTINY) | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
50話「最後の力」感想
……とうとう終わってしまった。
結局、シンの活躍どころがないままに。

ステラとシンのシーンから、シンが目覚めて泣き出したところで、もらい泣きしてしまった。

なので……
感想は2ヵ月後か3ヵ月後にビデオを見てからじゃないと書けない。

でも、シンが最後まで自分の意思を貫いたからよかった。

鈴村さん、1年間お疲れ様でした。
| アニメ感想(SEED DESTINY) | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
49話「レイ」感想
……結局、最後を持っていくのはフリーダムかよ!!
予告を見て、思わずシンの怒りを感じてしまった。
(絶対シン怒ってるよ。俺が主役だったのにぃ!って)
しかも、予告だけで……
悔しくて、涙が出てきた!!

か、考えてみたら「炎の蜃気楼」の原作も主人公は高耶さんだったのに、結局ラストは直江に持っていかれていたっけ。
私が好きになるキャラは、最後は脇役に最後を持っていかれる運命なのか!?

で、本日の話は……
結局、ギルはパトリック・ザラと同じ道を選んでしまったという話。
で、出撃前のレイの言葉
「もっと信じてやれ。彼女は強い」
「お前があの国を守ってやれ」
って、まるで遺言みたいじゃないですか。

そして、レイが憎んでいたのはキラの存在そのものだったようだ。
まさか、キラが最強コーディネータとして誕生した影で、レイが生まれていたとは……
クルーゼ隊長のことは「もう一人の俺」と言っていたけど、関連性は不明のまま。レイは親が誰かなんて知らないらしい。

で、最後は結局レイVSキラ、シンVSアスランの戦いになるようだ。
でも、シンはどうなってしまうんだろう。
もう、死ななければいいよ……マジ。

でも、やっぱり一番シンには最後まで生きて欲しい。
んで、キラにもレイの分まで生きてもらわないと困るな。シンにはレイの分まで幸せになって欲しいけど、キラはレイの分まで苦しんで生きればいいんだ。
| アニメ感想(SEED DESTINY) | 18:46 | comments(0) | trackbacks(2) |
48話「新世界へ」感想
何か、「新世界」って曲なかったっけ?なんて思った今日のタイトル。
いつもより長いアバンでは、久しぶりにスティング、アウル、ステラが出てきました(ステラは本編でも出てきたけど)
アウルの
「ごめんね。強くってさ!」

というセリフを聞くと、敵同士でもなく、コーディネータとエクステンテッドでもなく、普通に出会っていたら、案外アウルとシンって仲良くなったんじゃないかな、って気がした。
むしろ、キラたちとシンが仲良くなるってよりアウルたちとシンが仲良くなるって方がしっくりくるような感じだ。

で、本編では……
シンの
「まるでドラマでもうすぐ死ぬオヤジみたいなこと言うなよ」

というセリフに笑ってしまいました。
間違っても、キラはこんなこと言わないだろうし。
アスランだって言いそうにないし。
もし、同じようなセリフを口にするキャラがいるとすればディアッカあたりかな。
そして、遂にレイの秘密がレイ自身の口から語られました。
「オレは、クローンだからな」

これを言ったのがシンだったってのは……やっぱり、ステラの存在が伏線になっていたのか。
まるで、シンだから話したって感じでしたし。

それにしても、今日のタイトル……考えようによっては「シン、世界へ」
シンが世界へ向けて進出ってなりそう。
どうやら、シンの入ったタイトルは出そうもないので、今日のタイトルで強引にシンをメインにしちゃいたいくらいだ。
| アニメ感想(SEED DESTINY) | 21:14 | comments(0) | trackbacks(2) |
47話「ミーア」感想
「議長……」
僕のセリフ、今日は一言しかないじゃないかぁ!(byシン)

と、言うわけで……
今回は、予想した通りというか、恐れていた通り、シンのセリフはたった一言しかありませんでした。
おかげで……
フレッツのCM
「僕の出番がなくなるじゃないかぁ!」

が、まさしく本日のシンの心境を物語っているという感じに聞こえて仕方なかった。

また、ガンプラ「怒りの翼」ヴァージョン
「力がないのが悔しかった」

を「出番がないのが悔しかった」だの「セリフが一言しかないのが悔しかった」と言い換えたくなりました。

それよりも何よりも「議長」の一言のセリフのためにアフレコに行っていたのかと考えると、鈴村さんが不憫にさえ思えてしまう。
でも、出番は多いけど、言葉は「メルメルメー」のウマゴンよりはマシなのか?

と、言うわけで……
本日の感想、本編に関しては全くありませんから!残念!!
| アニメ感想(SEED DESTINY) | 21:15 | comments(0) | trackbacks(1) |
46話「真実の歌」感想
本日のシンの出番……約3分少々。
「これじゃ僕がウルトラマンみたいじゃないかぁ!」

おかげで、シンの射撃シーンは、もうすぐタイマーがなって宇宙へ帰ってしまう前の悪あがきのようにしか見えなかった。

そして、思いがけずルナの存在がシンにいい影響を与えているようで、一時期は悪のオーラに包まれていたのが嘘であるかのように、アスランがミネルバへ来る前のシンに戻りつつあるような感じです。

本編では、アスランがシンについて「あいつは、抜け出せないでいるんだ」と心配しておりました。
そして「夢のために頑張るヤツだからな」と。

アスランが、ちゃんとシンのことを分かってくれていて嬉しかったです。
39話の「天空のキラ」の回想シーンの中でもそうだったけど、アスランはちゃんとシンのいいところを分かってくれてた。
それだけでも、救われました。
| アニメ感想(SEED DESTINY) | 21:38 | comments(0) | trackbacks(1) |
45話「変革の序曲」感想
今日はたまたまアニメイトでユニウスセブン落下の話がかかっていたせいか、シンが最初の頃のシンらしい雰囲気があったような……

で、いつの間にかシン、レイ、ルナの間ではレイが作戦参謀のような感じになってます。
さしずめ、シンは切り込み隊長ってところだろうか(しかし、切り込み隊長とか特攻隊が似合いそうなシンって……何となく戦争がなくて平和な世界で暮らしていてもどっかで道が外れそうな気さえしてきた)

そして、今日のシンの名セリフ。
「ルナもミネルバもプラントも俺が守る!」

シン、だんだん守る範囲が広くなってきたな。
ステラと出会った頃は、ステラオンリーだったんだけど。

そして、45話にして、とうとうジブリール死亡。
しかし、ジブリールってホント、アズラエルと比べると……ただ逃げ回っていただけじゃないの、なんて思ったり。
まだ、アズラエルの方が潔かったぞ、なんて思った。
ジブリールって本当にブルーコスモスの盟主ってだけって感じだ。
アズラエルの方が、コーディネータを憎む理由があるだけに共感ができる部分はあったけど。
そして、アズラエルが死んだのって、それこそ最終回直前だったのに、ジブリールはまだ5話を残しての退場。

そんで、だんだんシンが主人公なのに、ラストはキラとアスランが肩を組んで終わりってシーンのような気がしてきてしまった。
(何となく、今のままだとシン……最後に死にそうなんだもん)
| アニメ感想(SEED DESTINY) | 21:54 | comments(0) | trackbacks(2) |
44話「二人のラクス」感想
先週のラストでカガリの演説→偽ラクス電波ジャック→本物ラクス電波ジャックから続いた今週。
題名は「二人のラクス」
果たして、どんな対決があるのやらと思ってみていたら……
議長、強制的に放送終了。フォ〜!
なので、実際はただの……
モノマネ王座決定戦!フォ〜!
いかん、テンションがすっかりハードゲイになってるな。

さて、我らザフトのエース、シン・アスカはというと、突然ラクスが二人現れてしまったことで混乱してしまった様子であります。
いや、混乱したというか、点数を何点つけようかと悩んでいたようであります(ウ・ソ←おいおいナゾナゾ博士かよ)
混乱した頭で整理ができなくなってしまったらしく、同僚のレイに「オーブのラクス・クライン、どう思う?」と尋ねたシンでありましたが、レイはラクスなんてどうでもいいようであります。
ただ一言「議長が正しい」と言い切るレイであります。
シンの側で、ルナマリア、何か言いたそうにしていたであります。
しかし、結局何も言えなかったであります。
(……思わず、ケロロ軍曹口調で書いてしまった)

ちなみに、アーサーも混乱していた様子。
そんなアーサーにタリアさんは
「ただ一つ分かっていることは、私たちの上司はラクス・クラインじゃないってことよ」と言いました。
また、ラクスが「言葉に騙されないでください」と議長のことを非難していたが……
連合軍にひどい目にあわされて、ザフトに救われた国の人たちにとってはオーブでさえも悪でしかない。オーブにいる人間の言葉なんて信じられるかという状態。
シン・アスカ連合軍が地球上にできてしまいました。

ところで、種デスのPS2のCM……キラに持っていかれたのかって思っていたのですが、今日……たまたまガンプラの「怒りの翼」ヴァージョンの前のCMを聞いていたら鈴村さんの声が。
よかった……
ちゃんと、シンもPS2のCMさせてもらえていたんですね。
| アニメ感想(SEED DESTINY) | 21:54 | comments(0) | trackbacks(2) |
43話「反撃の声」感想
先週は「バカにするな」と言っていたアスランが、今週はシンに「僕の出番がなくなるじゃないかぁ」と反撃された話でした。
って……
これ、フレッツのCMだよ

本編の「反撃の声」とは……
ラクスですか?

アスランのはどう考えても反撃の声じゃなくて……
「説得の声」だってばよ!!

でも、レイの「それは弱さだ。それでは何も守れない」という言葉に呪縛されてしまっているシンにはアスランの声は届かない。

「何にも分かっていないくせに!!裏切り者のくせに!!」と叫ぶシンは……
実は、うっかりと声フェロモンのアリスを自分に使ってしまったようだ

どうでもいいけど「止めるんだ、シン!!」というアスランの叫びが……
「止めるんだ、玲生!」という鳴海先生の叫びと重なったのは気のせいではないだろうな。
裏切られたと思い込んでいる点では、シンと玲生様は同じところにいるわけだから……

本当にシンの目を覚まさせたかったら、アスランがシンを抱きしめて「君のアリスはすばらしいアリスだよ」ならぬ「君の力はすばらしい力だよ」と言うしかないだろう。


何たって……
シンは今、荒れ果てた荒野に立っていて風の牙に吹き付けられているんだから
(思わず、『荒れ果てた荒野に〜吹きつける風の牙が 今 ぼーくらをー試してる〜』って歌いそうになってしまいましたよ、種デス見ながら)
| アニメ感想(SEED DESTINY) | 21:34 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/6PAGES | >>