CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
占い等
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ガンガン3月号
何か、ハガレンの話題書くのも久しぶりだな。

今月号のガンガンのハガレン……
ロイたんが、上を目指す人間としては甘い人だってことが明らかになった。
と、言うか……いかにハボックたち部下を大事にしているかってことが明らかになったというべきか?

「……んて目してんだよ。捨ててけよ!!置いて行けよ!!」

こう、甘い上司ロイに詰め寄る部下ハボック。
そんなハボックに、ロイは「追いついて来い」と……

何か、二人のすごい絆を見せられた気がしました。
| アニメ感想(鋼の錬金術師) | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっぱり、大佐が調達したもんだった
ガンガン12月号のハガレンにて、ようやく解けた謎。

マリア・ロス少尉の死体は、やっぱり大佐が調達したものだった。
(ちなみに、大佐錬成作だったりするのだが)
そして、それにはハボック少尉も関わっていた。
やっぱり、大佐はハボを信頼しているんだなぁ……

一方、エドは、ウィンリィの両親に関することをたまたま立ち寄った場所で出会ったイシュヴァール人から情報を入手。
話によると、ウィンリィの両親は右腕にいれずみのあるイシュヴァール人に殺されたという、アニメとは違う展開に。
そのイシュヴァール人は、スカー兄だろう(その当時では、スカーの右腕は普通のものだと思われる)
さらに、アームストロング少佐と別れたエドは、オートメイルの修理のためにリゼンブールへ。
そこでエドは、父・ホーエンハイムと再会。
さて、この再会は何を意味するのか。
それは、待て次号。
続きを読む >>
| アニメ感想(鋼の錬金術師) | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ガンガン11月号・鋼の錬金術師
今月は、驚きだらけの「鋼の錬金術師」

まずは、動き出したホーエンハイム。
リゼンブールに帰って来て、ウィンリィの家に「家がない」とやってくるところはアニメと一緒。
しかし……ピナコばっちゃんと一緒に写っている写真のホーエンハイムは……ほとんど年をとっていない様子。
これを見て、私は思った。
やっぱり、ホーエンハイムは魔族だったのか!?と。
このことに関しては、楽天の日記「ホーエンハイムは魔族なのか?」やアニメの「43話・野良犬は逃げ出した感想」でも書いています。
しかし、今回ほど真面目に魔族だったのかと思わずにいられない話はありません。
(そうすると、その息子であるエド&アルは魔族と人間のハーフということに。……エルリック兄弟は実はコンラートだったのか!?)
続きを読む >>
| アニメ感想(鋼の錬金術師) | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
51話最終回感想
最終回の今日は、いきなりオープニング曲から開始&サブタイトルなしのスタートでした。

先週エンヴィーに貫かれて倒れたエドの生死は?というところで話が終わっていたのですが、一度はエドは死んでいました。
しかし、アルが迫ってくるグラトニーを払いのけるかのように立ち上がり、「まだ、あたたかい」とエドを錬成したのでした。

一方、大総統邸のロイ・マスタングは、焔の中からよみがえってきた大総統に剣で刺されてしまい……
そこへ飛び込んでくる大総統の息子(実は養子だったことが最後に判明)。
そして、息子を殺そうとする大総統。
その時、ロイは切り札を取り出したのでした。ドクロを。
しかし、どっからそのドクロを手に入れてきたのだ、ロイ・マスタング!?
と、いう謎は置いときます。
(考えるときりがないので)
続きを読む >>
| アニメ感想(鋼の錬金術師) | 21:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
50話「死」感想
とうとう「鋼の錬金術師」も残すところ後1回の放送となりました。

さて、前回ロゼの赤ちゃんから開かれた門を通ったエドがたどりついた先は、20世紀のロンドンです。
ちょうど、ロンドンでは戦争の真っ只中。
しかし、アニメのホーエンハイムは最後までいい人でした。
原作とは大違いやな(原作だと、黒幕みたいですし)
そして、ホーエンハイムがエドたち親子の元から消えたのは「腐っていく体を見せたくなかった」という理由なのでした。
(だからね、魂の定着じゃなくて、いっそのこと換生しちゃえば良かったんだよ。そうすれば肉体の腐敗なんて心配する必要ないんだから。魂の疲弊は心配しないとならないけど。どっちにしても、肉体の腐敗が先か、魂の疲弊が先かって話になるか)
続きを読む >>
| アニメ感想(鋼の錬金術師) | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
49話「扉の向こうへ」感想
ようやく追撃から逃げ切ってラッセル&フレッチャーの兄弟と再会したエド。
トリンガム父の日記に書かれていた「賢者の石」の研究施設が第五研究所よりさらに奥にあることを知り、その向こう側へと向かいました。

そして、セントラル地下に埋まった地下都市を発見するエド。
だんだん奥へと入っていき、たどりついた先にいたのは……踊るロゼでした。

で……エドが散々口にしていた「あの人って、もしかして」のあの人のことを、すっかりエドはホーエンハイムだと思っているのではないか、と思っていたら、ちゃんとエドはダンテではないかと気づいていたようでした。

そして、ロゼの抱いていた赤ちゃんに触れたとたんに、異空間へととばされたエド。
そこでエドが出会ったのは、父・ホーエンハイム。
来週は、何やらホーエンハイムから聞けるような感じの予告でした。
そして、ハボやロイも出演。
しかも、アルが錬成陣の中に寝かされていて……
来週のタイトル「死」とは、もしかしてアルのことをさしているのでは?などど考えてしまいました(考えすぎかもしれないけど)

さて、アニメ・鋼の錬金術師の最終回まで後2回。いったい、どんな終わりになるのでしょうか。
| アニメ感想(鋼の錬金術師) | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
48話「さようなら」感想
2日遅れのハガレン感想。
(昨日は、熱を出して一日中寝込んでいたんで。実は、今日もまだ本調子じゃない……熱は36度台なんだけど……平熱よりわずかに高い←平熱36度程度の人です)

で、2日も経過してしまっている上に、寝込んでしまったせいか、ほとんど内容に記憶がないので、覚えているとこだけの感想でいきます。

46話「人体錬成」で悪性の水虫が発見されたというので病院に強制入院させられることになったフュリー曹長。
実は、大佐の作戦だったらしい。
何と、いつの間にやら大佐はハボックと、ホークアイ中尉はフュリー曹長と入れ替わっていたのでした。
そして、北でアームストロング少佐が反乱を起こしている間に動き始めるロイ&リザ。
先週の予告で、どうして大佐が私服の謎が解けたわけです。

続きを読む >>
| アニメ感想(鋼の錬金術師) | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
47話「ホムンクルス封印」感想
今日は、大佐の姿が全くなかったので、かなりあっさりしているかも。
ただ……アル、あんたってバカ?と言いたくなってしまった。
エドは、真実だけを見て、自分達の罪である証のホムンクルスのスロウスを封印しようとしていたのに、それを台無しにしてしまったんだから。

で、ラストが消滅してしまいました。
まさか、ラストの方が先に封印されてしまうとはびっくり。

そんで、一番びっくりしたのは、ラストに出てきたウィンリィ。
どうやって来たんだ?(あ、よく見ると……寒いダジャレになってしまった)

来週は、大佐も出てくるみたいだし(って、そう言えば准将だっけ。でも、原作ではまだ大佐だから大佐で統一する)、ラッセルとその弟も出てくるみたいなので、もしかしたら……ベルシオさんも出てくるのか?
来週は要チェックや!(って、彦一かよ!)
| アニメ感想(鋼の錬金術師) | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
46話「人体錬成」感想
あ、あのぅ……ホークアイ中尉、もうちょっとマシな仮病思いつかなかったんでしょうか?
思わず「悪性の水虫が発見されて、脳に転移している」というセリフを聞いて、そう思わずにはいられませんでした。

そして、大佐……なんておちゃめさんなんですか。
フュリー曹長から眼鏡を外し、それをホークアイ中尉にかけて「似合うぞ」だなんて。とっても、これから北へ戦いにいく人の行動とは思えません。

それにしても、今日のハガレンは、ハボック少尉の病室での一連のシーンに尽きる(感想が)
戦いに参加できずに申し訳なさそうなハボック。
突然、悪性の水虫にされて参戦から外されたフュリー曹長。
いきなり、フュリー曹長の眼鏡をホークアイ中尉にかける大佐。
これだけで、十分妄想できるってばよ!
続きを読む >>
| アニメ感想(鋼の錬金術師) | 22:21 | comments(0) | trackbacks(1) |
45話「心を劣化させるもの」感想
全く原作とは違う方向に進んでいるアニメ・ハガレン。
だんだんと、ホーエンハイムがいい奴なのか、悪い奴なのか混乱気味です。
(アニメと原作を両方見てる立場からすると)

それは置いといて……
冒頭からの「400年前」にうっかり反応してしまったミラージュファンはどれくらいいるだろうか?
しかも、死に掛けたホーエンハイムの魂を、他の人間に定着させたのはダンテだったそうで。
……これは、鋼の蜃気楼ですか?
そんな突っ込みを入れたくなった冒頭の展開。
もしも、ダンテが男で声が速水奨、ホーエンハイムの声が関俊彦だったら、私は思わず叫んでしまっただろう。
ハガレンで直高かよ!!と。
(なぜか、突っ込みがさまぁず三村になってたり)
続きを読む >>
| アニメ感想(鋼の錬金術師) | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>