CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
占い等
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
DVD「ぼくはこのまま帰らない」視聴感想
今年の1月に購入した「ぼくはこのまま帰らない」のDVDをようやく見ました。

だけど、見ていてこう言いたくなった。
「これは、プロモーションビデオでありますかぁ!」と。
そうとしか言いようがない。

はっきり言って、原作知らずに見たら話が分からないかも、って思った。
とりあえず、原作を読んでいた私はおぼろげながら分かったけど。

これで3,800円は正直高いと思った。




ぼくはこのまま帰らない

ブログランキングranQ
| 作家別(内田一奈作品) | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「眠れぬ夜のための3つの話第二話」視聴感想
イスの特典CDの2枚目をようやく聞きました。

1話目の松岡の話で、救急車の話をしていたら、本当に外で救急車が走っている音が聞こえてきて、あまりのタイミングのよさに、話はオカルトなのに思わず笑ってしまった。

あまりにもグッドタイミングで聞こえてきたから、一瞬CDの効果音?って思ったくらい。

そして、今回は、主人公の舜たちが出てくるのは健介の話が終わってから。
なので、出番は少ないんだけど……
健介がオカルト話を信じない理由が……燃えないゴミが理由だったのに、ちょっと笑ってしまった。

| 作家別(内田一奈作品) | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「イス-眠れぬ夜のための3つの話第一夜-」視聴感想
オークションで落札した「イス」の非売品ドラマCD1枚目をようやく聞きました。

しかし、このCD……夜中に一人で聞いたりしたら、夢に見てしまいそうな気がした。
まさか、オカルト話だと思わなかったし。

で、遼が幽霊にびびっている所が、少しかわいく思えたり。

| 作家別(内田一奈作品) | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「invisible sign イス」視聴感想
夏に購入したドラマCDをようやく聞きました。
で……どうやら、このドラマCDの内容はゲーム第1弾の後日談のようで、ゲームをプレイしていないと背景が分からないかも、って感じでした。

それでもね……見に行く先々で幽霊付ってのがおかしすぎて仕方なかったけど。
しかも、石田さん演じる三宅真琴が実は幽霊だったなんてびっくりしたよ。
さらに、鳥海さんが演じている和久井遼……「リョウ」だと思っていたら「ハルカ」だったもんでびっくり。

春華ぁ!
と思わず叫びそうに。
(いや、ハルカ違いだから、これは)

でも、一番すごいと思ったのは関智一さん。
舜の声がめっちゃかわいいんだもん。
ぶっちゃけ、今まで聞いたことのない声だ(今まで聞いたのってガキ領の広海とか、種デスのイザークとか、遙時の天真とかかっこいい系の声だし)
そんでもって、シュンの方はかなり色気のある感じの声だった(これまた、イザークや天真とは違う感じのかっこいい声)

こうなったら、「愛の解体新書」をプレイし終わったら「イス」でもやるか(しかし、いつになることやら……やらないうちにパソコン壊れてまたヴァージョン変わるなんてことになったりして)




invisible sign -イス- Image drama CD


ブログランキングranQ
↑ランキング参加中です
| 作家別(内田一奈作品) | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラマCD「ぼくはこのまま帰らない」視聴感想
……これまた何ヶ月前かにオークションで入手したドラマCDです。
原作は内田一菜さんの作品で、実はこの「ぼくはこのまま帰らない」から「して。」「motto!」「ヌーディスト」と主人公は変わっていながらも、一つのシリーズものになっています。
ちなみに、H度もシリーズが重なるにつれて激しくなっていたりもしますが、「ぼくはこのまま帰らない」はシリーズの初期の作品で、テーマは純愛と言ってもいいくらい、Hシーンは少なかった(もっとも、和由が脇役だったせいもあるか)

で、ドラマCDを聞いた感想は、緑川さん演じる絢が受でも男らしいところが良かったってことくらいですね。
はっきり言って、このドラマCDは、原作を読んでいないと、何がなんだかさっぱり分からないくらい、ストーリーが薄い。
続きを読む >>
| 作家別(内田一奈作品) | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |